top of page

[シンキュレター #02] 縦型配信の流行りとその理由


縦型配信の流行りとその理由

最近Vtuber配信では縦型配信が増えているトレンドです。

以前Youtube Shorts・Tiktokなど縦型配信がスマホ環境で有利であり、

視聴者及び購読者の増加に役に立つという情報により沢山のVtuberが

縦型コンテンツを制作してきました。

これに通じてYoutubeでは縦型ライブ配信システムを構築して、

最近有名Vtuberのテスト配信などを気安く探せるようになりました。

また個人勢も縦型配信後に購読量の増加などがよく発見できて、

もはや一つの配信コンテンツの一つとして必須的に選ぶべきに見えます。



それなら縦型配信の強点は何があるのか?


その 1. 簡単な接近性


既存PC画面基準の配信の場合横型で制作及び配信をしていました。

でもそれはどこかの場所に座るかそれとも画面前で配信視聴が強制されます。

勿論既存のスマホ環境にも視聴は可能でしたが、PCを基準にした素材や画面配置

などにより可視性が低下することも予め定められた事実です。

それに比べて縦型配信の場合、どこでもスマホやネット環境だけが与えられれば見ることができ、

年齢が若い対象を目指したコンテンツの場合、従来の配信よりも接近性を高めることができます。


その 2. 近い距離感


横型配信の場合、我達に見慣れたTV画面の配信と同じです。

画面内には動く存在がいて、その配信を視聴して笑いながら楽しめるコンテンツです。

つまり画面内に自分のコメントが流してそのコメントに反応するVtuberの間の相互作用は

存在しますが、配信者と視聴者としての視点から抜けることは難しいということです。

それに比べて縦型配信の場合、手の中で画面いっぱい動いているVtuberとより単純化された画面と

コメ欄のせいでまるでビデオ電話をしている感覚に近いです。

Youtube基準で半透明化された下段のコメ欄を除くと残りはVtuberの姿で満たされて

より高い立体感と近い距離感を感じられます。


その 3. 繋がるコンテンツ


より簡単で便利に見れるという強点で、Youtube Shorts・Tiktokなどの

視聴率が高く出てくるトレンドです。

既存ライブ配信は横型で追加の編集を通じて縦型切り抜きを作ったり、

新しいコンテンツを悩んでShort用コンテンツを制作するなどの手間がかかります。

それで新しい場面を見せたり可視性がショートに比べて合わなかったり追加作業が必要になった

既存コンテンツとは異なって1つの配信を通じてより簡単にShorts制作が可能であり、

そのショートの内容に応じて、既存の配信を見直す機会も作れます。


その 4. 流行りに合わせた配信


まだ多くの人が踏んでいない未答地の場合、新しさに先に挑戦して素早く完成することが

大きな実績を得るために役立ちます。

また、飽和状態の前であれば、既存の固定化されたコンテンツを拡大する絶好の機会になる

可能性があります。

例えば、既存のゲームを専門的に配信するVtuberの場合、配信が進めるたびにメインコンテンツは

これ以上変更できなくなります。

視聴者の需要と個人のアイデンティティが固定されているからです。

でも流行に応じて配信をする場合、新しい視聴者の流入と配信の固定性の拡大を狙う良い機会です。

現在縦型配信の場合、可能なコンテンツは歌、雑談などのVtuber中心のテーマを持つ放送が多いです。

これに合わせて自分の個性をより集中的に表現するために流行に合わせてみてはいかがでしょうか?


縦型配信に必要なものは何があるのか?


以前の配信と異なって縦型素材とOBS設定などの変更が必要となります。

追加に既存の配信とは違うコンテンツの企画や配信テーマも悩む必要があります。

それに応じて様々な情報と共に、次のニュースレターでその内容を扱いたいと思います。

今後もさらに多様で必要な情報を盛り込んだニュースレターが必要な場合は、

下記の購読ボタンを押して定期購読をお願いします。



閲覧数:3回

Comments


bottom of page